会社でのお金のトラブルは税理士に即相談|優良事務所の探し方を伝授

給付金による救済措置

注射器

皆さんも該当しているかも

皆さんの身内や自身で、B型肝炎というウイルス性の肝炎にかかっている方はいませんか。幼少期には免疫力を作って病気予防するために、集団予防接種が学校や自治体などで行われます。現在では安全性が確保されていますが、戦後は注射器の使い回しが横行して、この事が原因でB型肝炎ウイルスが体内に侵入し、感染してしまった方が多います。このような方たちには国が全面的に責任を認め、認定者に給付金が支払われる措置が取られていますが、B型肝炎をお持ちの皆さんは該当していませんか。給付措置を受けるには様々な資料などを用いて裁判にて、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した事を裏付ける必要があります。しかし、現在、訴訟を起こして給付金による救済措置を受けられ方は、ごく一部と見られていて、潜在的に給付が受けられる方は多くいると想定されています。B型肝炎訴訟による給付措置が、一向に進まない要因として挙げられるのは、訴訟を起こすのが面倒だと感じている方が多いからです。実際、集団予防接種による感染を証明するのは、個人では容易ではありません。そこで、訴訟を起こした方のほとんどは弁護士などをに依頼し、証明できる証拠を集めています。多くの弁護士事務所ではB型肝炎訴訟を扱っており、無料相談を実施している弁護士事務所もあります。着手金や報酬は、給付金から支払う事も可能としている事務所もあるので、経済的に厳しい方でも一度、相談されてはいかがですか。