会社でのお金のトラブルは税理士に即相談|優良事務所の探し方を伝授

肝炎患者の給付金請求方法

メンズとレディ

弁護士に依頼するのが最適

B型肝炎と医師から診断を受けている人の場合、国から給付金が出ることがあります。ニュースなどでも報じられていますが、幼少期に集団予防接種などを受けた時に注射器などによってB型肝炎ウィルスの感染が広がったことがあったのです。これは国の責任であるという訴訟がおこされたのです。訴訟の結果、裁判によって国の責任が決まったため、該当する患者の人には国からの給付金が出るのです。B型肝炎の患者さんはこの集団訴訟について知っていますが、もし知らない場合は該当するかどうか調べる必要があります。弁護士事務所に依頼すれば調べてくれますが、簡単にわかる方法があります。昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれた人で、B型肝炎ウィルスに持続的に感染しているが対象です。これに該当する人は、訴訟の基本合意の要件に当てはまっているかどうかを弁護士事務所に依頼することになります。訴訟における基本合意の要件を満たしていれば、病状に応じて50万から3600万円の給付金を国から受け取ることができます。給付金を受け取るためには国を相手に、国家賠償請求訴訟を起こすことになります。そのためには証拠書類を提出して、国と和解する必要があるのです。そのためには自分で集団予防接種によって感染した証拠を集めるか、弁護士事務所に依頼します。弁護士費用が必要になりますが、スムーズに手続きを進めてくれるので便利です。給付金の中から弁護士費用を支払えばいいのです。