会社でのお金のトラブルは税理士に即相談|優良事務所の探し方を伝授

事故の時は弁護士に任せる

ジャッジガベル

保険会社に請求してくれる

不幸にも交通事故にあってしまった時は、必ず相手の免許証を確認すること、車のナンバーを控えること、目撃者を確保することが重要です。特に歩行者が車による交通事故にあった時は、例えば軽いケガでも救急車を呼んでもらって病院で診察を受けます。病院では診断書を発行してくれますので、それを警察に提出します。交通事故を起こした車は強制保険や任意保険に加入しているので、治療費や慰謝料を支払う時に病院の診断書が必要になるのです。交通事故で難しいのは慰謝料です。保険会社では慰謝料を算出する計算式が決まっているので、被害者が何も要求しないと最低限の慰謝料しか払ってもらえないのです。例えば半年後に後遺症が出る場合もあります。ヘタに示談してしまうと後遺症が出た時に治療費が出ないこともあります。最も安心なのは弁護士に慰謝料の交渉をしてもらうことです。法律の専門家なので、例え軽いケガでも精神的なショックや、仕事に影響が出た損失などを計算して慰謝料を請求してくれます。サラリーマンやOLがケガで仕事を休んだ場合は、その損失が計算しやすいです。しかし無職の人や主婦の人は損失を計算しにくいのです。そのような時は弁護士に依頼すれば、過去の事例などをもとにして慰謝料を算出してくれます。また示談をする場合でも間に弁護士が入っていれば、万一後遺症が出た時にも治療費が出るように交渉してくれます。重傷の場合だけでなく、軽傷の場合でも弁護士に任せた方がスムーズにことが進みます。